そっくり人形店長日記 200521

高校野球中止

 夏の全国高校野球の中止が決定しました。
コロナウイルス感染拡大防止のためには仕方ないことなのかもしれません。
しかし、「今年の高校3年生は可哀そう」というのが正直な気持ちです。
 

子供たちの選択肢

 春の選抜大会も中止でした。
今回の中止決定により、全国の高校3年の球児たちは高校生活最後の活躍の場を持てないまま卒業となります。
このことは野球だけではありません。
他の部活動の生徒たちも殆ど同じはずです。
 

 学生の本分は勉強だというのはもっともです。
ただ、勉強以外のことで自分の能力を発揮し、生きがいを得ることもとても大事なことだと思います。
それにより、将来の道が開けることも珍しいことではありません。
 

 果たして自粛をどこまで続けるかは悩ましい問題です。
多くの店舗が休業している中、営業を強行している店は非難の対象となることもあります。
しかし、あくまでも自粛要請であり強制ではないので、従わなければいけないわけではありません。
判断は経営者に委ねられているのです。
 

 学校の休校も県や市町など自治体の判断に委ねられています。
そして全国ほぼ全ての学校は長期の休校となり、最近になりようやく徐々に登校が再開され始めました。
 

 それらの判断は「万が一この店、この学校から感染者が出たらどうするのか」という思いに大きく左右されるのではないでしょうか。
自粛要請が出ている中、店や学校を開けたことにより感染が広がったら責任問題です。
もちろんお客様や生徒の健康を第一に考えての判断でもあるでしょう。
ただ、未知のウイルス感染に対しての我が身のリスクを極力減らしたいという思いもあるのは間違いないと思います。
 

 それでも自粛せずに活動を続けている企業も数多くあるようです。
それぞれ独自で感染防止策を講じていることと思います。
大人たちにはどうしたら感染を予防して活動を続けられるかを自分たちで考えて決定するということが出来ます。
 
 でも子供たちは違います。
大人が決定したことに従うことしかできないのです。
子供たちに選択肢はないのです。
 

 学校に行きたい子、部活動を続けたい子、そういう子供たちの思いは自分たちの考えで叶えることは出来ません。
人生で大事なことの1つは、自分で考えて自分で行動し、そのことに自分で責任を持つことだと思います。
その結果ひどく傷つくこともあるでしょう。
 

 大人は「そんなこと言っても、何かあったら子供は責任を取り切れないだろう」と言うかもしれません。
では大人は責任を取り切れるのでしょうか。
実際には感染を拡大させているのはほぼ大人だと思われ、その中には非常識とも言える行動を取った人がいるのは多くの人が知るところです。
その人たちは責任を取ったのでしょうか。
というよりも、どうしたら責任を取ったと言えるのでしょうか。
 
 大人も子供もやっていること、出来ることには大差ないのです。
成人年齢を18歳に引き下げるのであれば、今の18歳にももっと大事な決定をさせてあげれば良いのです。
18歳と言わずに年齢に関係なく「自分で考えて決定する」という機会を増やした方が良いと思います。
大人はその考えに関してリスクのアドバイスをしたり、決定した事項が成功するようにサポートする立場でいれば良いのではないでしょうか。
 

 今回の一連の部活動大会開催の可否についても、子供たちの考えを聞いて欲しかったです。
自分達が感染しないため、周りに感染を広げないため、地元にウイルスを持ち帰らないためにはどうしたら良いのか、という考えです。
そしてそれが出来ると約束した子供たちだけが参加することにするのです。
実際に守れているかを見守るのは監督やコーチなど大人の役目です。
守れていなければ即中止でも仕方がないと思います。
二度とない大事な行事を大人たちの考えだけで中止にさせられてしまうよりは納得できるのではないでしょうか。
 

 開催したら感染するかもしれないし、しないかもしれない。
予防策を講じれば感染のリスクを減らすことは出来るでしょう。
でも決してリスクは0には出来ません。
リスクを0に出来ない以上、開催は出来ないというのであれば、世の中は動かなくなります。
 
 子供だからダメなのでしょうか。
それでは理不尽です。
どうしたら開催できるか、それを子供たちを考えることが大事なのだと思います。
共に考えた結果として、リスクの大きさに納得して中止という選択をすることもあるでしょう。
どのような結果であれ、その過程が教育の一環でもあると言えます。
当事者である子供たちにもっと選択肢を与えてあげられようになると良いと思います。

 

 

関連記事

ウェルカムドール・そっくり人形専門店|テイクレスト

ウェルカムドール・そっくり人形専門店|テイクレスト

そっくり人形のウェルカムドールが永遠の愛に花を添えます。
やわらかくて温かみがありポーズを変えられる当店だけのオリジナルウェディングアイテム。
お二人の特別な日の思い出の品としておすすめです。
大切なゲストのお出迎えでも人気者となることでしょう。
ぜひ、テイクレストのウェルカムドールで、かけがえのないパーティーに可愛らしい演出を。

ウェディング以外にも、記念日やプレゼント用のそっくり人形も制作しています。
入学や就職、誕生日、イベントの優勝などの記念として最適です。
どうぞお気軽にご相談ください。

屋号 TAKANO CREATIVE STUDIO
住所 〒920-3113 石川県金沢市塚崎町ハ105番地31
電話番号 090-7748-7112 月~金 9:00~17:00
代表者名 高野 広
E-mail info@takerest.net

ウェルカムドール・そっくり人形専門店|テイクレスト あなたにそっくりなドールをオーダーメイドします

〒920-3113
石川県金沢市塚崎町ハ105番地31

090-7748-7112

月~金 9:00~17:00                          ✉info@takerest.net 24時間受付